Menu
ウェールズ日本人会 | Wales Japan Club

芦沢 和也氏の「14:00」インターナショナルドキュメンタリーフィルムフェスティバル マイクロ部門特賞。

略歴 〜芦沢和也〜

1957年福島市生まれ(61歳)R0011994
中央大学商学部卒
2014年、国家公務員職を早期退職。以後、映画の制作技法を独学で習得。
地元福島でドキュメンタリー作品の制作を続けている。

【作品】

「I can’t wait to fly!」
「14:00」
「Request」

【受賞】

「14:00」

  • Best Idea – Festival Internazionale del Cinema Povero(伊)
  • Best Micro-Short – Frame4Frame Festival (米)
  • Best Micro Film – Port Orchard Film Festival(米)
  • Best Dramatic 1minute Movie – Avalonia festival(米)
  • Best Very Short Film – So Limitless and Free Film Festival(加)
  • Best Micro Film – Wales International Documentary Film Festival(英)

受賞コメント 〜芦沢和也〜

福島市在住のピアニストを追ったドキュメンタリー作品「14:00」(2017)が、今回、Wales International Documentary Festival(Blackwood)で上映され、Best Micro Filmの栄誉が与えられました。
お忙しいなか、この作品の上映に立ち会っていただき、さらに私に代わり授賞式にもご出席くださったウェールズ日本人会のメンバーとご友人の4人の方々に心から感謝申し上げます。遠いイギリスの地で皆様の温かなお心に接し、言葉では言い表せないほどの喜びと感謝の念で一杯です。
いま私は、「神道」、そして「古い映画館」をテーマにした2本のドキュメンタリー作品を撮影中です。ごく身近にある、ありのままの風景や人物を通じて今の日本を世界に紹介したいと考えています。これらの作品が皆様の地域でも上映となるよう、レベルの高い作品づくりに励みますので、どうぞよろしくお願いいたします。
この福島の地より、ウェールズ地域の日本人の皆様のご活躍を心からお祈り申し上げます。ありがとうございました。