Menu
ウェールズ日本人会 | Wales Japan Club

日本 | ウェールズ | デザイン

null

展示予定の 河原崎権十郎(1860)
歌川国貞作

2018年6月16日(土)から2018年9月9日(日)まで、日本には世界に誇るダイナミックなデザイン文化があります。この特別展では、日本芸術と デザインがいかにヨーロッパを魅了してきたかご紹介します。

海を越えた交流の歴史の中で 、ウェールズが果たしてきた役割についても発見していただけるでしょう。

日本の博物館所蔵の着物、陶器、漆器、屏風等、英国では初展示となる貴重な資料とともに 、英国各地から集められた展示品のなかでも必見なのは、チャーク城所蔵の美しい漆の洋櫃 です。四百年前にウェールズへ渡ってきたという、記録が現存する渡来品の中では最古とい われています。

特別展に合わせて各種イベントも開催されます。

• 7月7日 (土)-8日(日) 日本: 七夕祭り
• 7月26日(木) 末寛子さんによる琴演奏
• 8月14日(火)-16日(木) 日本:お盆 ファミリー ワークショップ
• 8月18日 (土) 講演:茶道と日本庭園

詳細は、美術館ウェブサイトよりご覧ください。

H-35-158

Japan | Wales | Design

16 June – 9 September 2018

Japan has one of the world’s most dynamic design cultures. In this major new exhibition you’ll discover why Europe has been captivated by Japanese art and design. You’ll also learn how Wales has played its own distinctive part in this fascinating story of international exchange.
Many of the wonderful exhibits come from major Japanese national museums and have never been seen in the UK before: costumes, ceramics, lacquer ware, painted screens and modern and contemporary design objects. These sit alongside objects from around the UK including the first ever Japanese piece known to have come to Wales: a stunning lacquered coffer that has been at Chirk Castle for 400 years.
There are lots of events to support this exhibition too:

• 7-8 July Tanabata (Star Festival)
• 26 July Koto Performance
• 14-16 August Obon (Lantern Festival) Family Workshops
• 18 August Talk: The Japanese Tea Ceremony and the Tea Garden